画期的な技術…LYCRA FitSenseとは一体?

画期的な技術…LYCRA FitSenseとは一体?

 

 

 

前回触れた通り、ライクラ繊維は、その優れた弾力性に先進技術が加わることで、より多くの種類に進化してきました。では今回はライクラシリーズの比較的新しい種類:LYCRA FitSenseについて深掘りしていきましょう!👏

LYCRA FitSenseとは?

LYCRA FitSenseとは、特許技術による水性散布技術で、ライクラ分子と同じ繊維を液状で使用します。そのため通称液体ライクラとも呼ばれます。ライクラ繊維を含む生地にプリントすることで、特定部位において軽量かつ快適さを実現、さらに模様や色のような視覚的効果を持たせることも可能です。レギンスやスポーツブラに応用されることで品質向上に効果を発揮します。

この方法を通して、生地の“オーダーメイド”が可能になったと言えます。圧力がよくかかる部分にはプリントで圧力を増強、逆に圧力がかからない部分においてはプリントせず。こうして消費者の細かいニーズにもこたえる衣類を提供することが可能となりました。同時に、縫製された衣服の一部や余分な縫い目をなくすことにより、製作工程を簡略化し、デザインに対するクリエイティブ性を高めました。

LYCRA FitSenseの技術は、日常のトレーニングや外出時に着るのにちょうどよいフィット性とサポート力を実現できます。この技術によって特定部位の強度を高めることができますが、生地を追加したり新たに縫合したりする必要はありません。よって、軽くて締め付け感がないという特徴があります。水性散布剤は、衣類の色を変えたり、オリジナルの模様を加えることができ、強度を加えたい部分においてさらに独特のデザインを表現することが可能です。こうして、機能性とファッション性の融合が実現しました。

ライクラの意義

ここ数年、新型コロナウイルスの影響でトレーニングやヨガがブームとなりました。ジムに通う方も多くなり、普段からトレーニングウェアをファッションの一部として取り入れる方も少なくありません。一方で、消費者意識の高まりにより、衣類に対する快適性・機能性・デザインへの要求もどんどん高くなってきました。それに伴いオーダーメイドの人気も高まっています。オーダーメイドの洋服は身体のコンプレックスを解消してくれるようなものもあり、満足度が高いのが特徴です。多くの人がスポーツウェアを着ている中で、自分の身体にぴったりあったものを着るのは、個性を表現するためにもとても重要です。

shop the bottom🛒

普段オーダーメイドというと、スーツのイメージが強いのではないでしょうか。では、快適さとフィット感を求める場合、果たして本当にオーダーメイドにするしかないのでしょうか?

一般的な衣類はS/M/L/XL等のサイズ別で生産されていますが、すべての人がこれらのサイズに当てはまるとは限りません。そこで、最近のネットショッピングでは、複数サイズ購入して合わなければ返品、の流れも少なくないですが、製造者側にとってコストがかかるだけでなく、消費者側にもとっても手間のかかるシステムとなってしまっています。

ライクラ技術の出現により、スポーツブラやレギンスは、多種多様のスタイルの方にフィットするようになりました。それによって運動のパフォーマンスを向上させ、スポーツウェアに変革をもたらしました。今では皆さんご存知のような有名ブランド、特に弾力やサポート力の必要なスポーツウェアやジーンズのブランドの多くはライクラを使用しているといっても過言ではないでしょう。ライクラは、着ているのにまるで着ていないかのようなフィット感・快適さを実現しました。テクノロジーこそがスポーツウェアのカギと言えるでしょう。❤️

Leave a comment

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.